一斉に桜が咲き出しちゃったもんで、今週末はあわてて一人で花見に行ってきた。

去年はすっかり忘れてたのだけど、よく散歩に行ったり試し撮りに行ったりしてる岩淵水門付近は桜の名所だったらしい。と言っても全国から観光客が押し寄せるようなところではもちろん無くて、まぁ近所の家族連れがお弁当食べに来たり、若者がバーベキューしに来たりするような感じのところである。


岩淵水門からJRの鉄橋がある方向に向かって歩くと、新河岸川沿いの堤防が桜並木になっている「桜堤」がある。青空に緑の河川敷、そして満開の桜——みたいなベタな春の景色が撮りたかったのだけど、のんびりしてるうちにどんどん空が曇ってしまった。平日はいい感じに晴れてたのに、運が無い。日頃の行いのせいかもしれない。


まぁそれはそれで、花自体の写真を撮るのには都合の良い条件だったりするし、とFlektogonの接写性能を活かしてぐっと寄ってみたのだけど、春風で揺れるのなんの。花は動かないから動物と違って楽勝、とか思っててすいませんでした。

撮影日
2013-03-23
撮影地
東京、岩淵水門
カメラ
SONY α NEX-5R
レンズ
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.7 + metabones Speed Booster、Carl Zeiss Jena MC Flektogon 2.4/35(3枚目)